とまチョップの「のむヨーグルト」

今日の札幌は、とても穏やかなお天気ですね〜

昨日、一昨日と風が強かったのですが、今日は風もなく、晴れています 

掃除、洗濯がはかどりそうですね 





北海道は苫小牧にあります「ウトナイ湖」

多くの野鳥が訪れる「湖」です





その「湖」にあります「道の駅」のご紹介です 





146:30-3道の駅ウトナイ湖1
146:30-4道の駅ウトナイ湖2

湖・・・ウトナイ湖の畔にあります「道の駅」・・・

新千歳空港や苫小牧フェリーターミナルからほど近いということもあり、地元の方や北海道に旅行に来た方々も多く訪れる憩いの場所です





146:30-2ウトナイ湖飲むヨーグルト

146:30-2Bウトナイ湖飲むヨーグルト

(上の写真が大き過ぎて右端が切れてしまったので、小さいのも載せましたよ)


その「道の駅」プロデュースののむヨーグルトのご紹介ですよ〜〜 


とまチョップののむヨーグルト(1本)¥250


北海道は帯広で、こだわりの「乳牛」を育てています加藤賢一さん

牛が食べる牧草を無農薬で育て、牛にストレスを与えない放牧で育てた牛乳から作った
「のむヨーグルト」


道の駅「ウトナイ湖」限定商品です 



味の種類は2種類・・・

「キビとう」と「オリゴとう」





146:30-1

・・・頂いたので、のんでみましたよ 


濃厚なのにクリーミーでさっぱり!


どちらも美味しかったですね〜〜


キビとうの方がやや甘めかな・・・

とてもやさしい甘さでした





苫小牧道の駅のゆるキャラ・・・とまチョップ・・・とともに、ぜひ〜〜











 ↑ ブログランキングに参加しました
ポチッとお願いします 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村





さあ今日は「お仕立て ウエディング・ドレス」の本仮縫いです

OK なるかな〜〜





スポンサーサイト

cafe' きねずみ

今週の札幌はお天気もよく、最高気温がプラスに・・・

なんだかポカポカと暖かい陽気ですが、それも今週一杯だそうで・・・

やはり「北国」

そんなに簡単に「冬将軍様」がお許し下さらない様子・・・

三寒四温

だんだんと季節はゆっくりと確実に巡るようです 





さて昨日は我が家のあります、札幌中央区は「桑園地区」にあります「cafe' きねずみ」さんに行ってきました





知事公園内にあります美術館「三岸好太郎美術館」内にあります喫茶店です 





142:27-1

外観は白いタイル・・・

まだまだ雪がありますよ 





向って左には・・・   142:27-2

お知らせコーナーが・・・


色んな催し物のお知らせが紹介されています





142:26-1

雪の中〜〜





正面玄関からは     142:26-2

知事公館内のお庭が見えますが、冬期は雪のため閉鎖されています

毎年ゴールデンウィークには公開されますよ

広くてきれいなお庭になっていまして、訪れた方の憩いの場所です





142:26-3

cafe の中からパチリ・・・





142:26-4

今回いのお目当て・・・

1つがこの「おひな様」





手作りのステキなおひな様142:26-5





142:26-6

ステキだわ〜〜





幾重にも重なったお召し物142:26-7





142:26-9

実際に見たくて・・・





本当にステキ・・・   142:26-10





142:26-8

作家さんです





もう一つのお目当て・・・





この cafe のオーナーさんにお会いすること・・・ 





とてもステキな方だということは言うまでもなく、桑園地区のために色々と活動をされている方です





初めてお会いしたのは、かれこれ4年ほど前になるのでしょうか・・・?


それから何回かお会いする機会があったのですが、つい最近、「cafe' きねずみ」のオーナーさんになられたと知り(1年ほど前からだそうです)、ぜひぜひと「朝 cafe 」をさせて頂きました

とても美味しいコーヒーと美味しいスウィーツ・・・
本当に美味しくて・・・
あっという間に・・・

ああ・・・
また写真を撮れなかった・・・です・・・ 




cafe には桑園地区の色んな作家さんやお店屋さんの作品、商品もたくさんありました


写真が多くなりますので、お時間ございます方は下の「続きを読む」へどうぞ〜〜




 






 ↑ ブログランキングに参加しました
ポチッとお願いします 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村





さあ今日から3日間 ねこやすみ は 10時オープンです〜〜 




続きを読む

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

ベランダ水田 脱穀〜〜

昨日はお天気の札幌・・・

飯炊き母さん・・・洗濯母さん・・・飯炊き母さん・・・飯炊き母さん・・・


なんて平和な日本!!
いや、札幌!!
もとい!!我が家!!!


先月刈り入れた「稲」の脱穀をしました 





1211:12-1

まずはごますりにモミ付きの米を入れ、ソフトボールでグリグリと・・・

力加減が難しく、優しくやりすぎても取れず、力を入れすぎても米が割れる・・・

調整しながらグリグリ・・・グリグリ・・・グリグリ・・・





             1211:12-3

             そうするとこんな感じに・・・ ↑





1211:12-2

米一粒・・・・・





             1211:12-4

             やっぱりベランダ水田・・・

             肥料不足!?

             技術不足!?


父から送ってもらった「ひとめぼれ」と比べてみると・・・

右がそのお米ですが、太っていますね





1211:12-5

とりあえず脱穀終了

・・・で、この量・・・





             1210:29-3

             脱穀前と比べてみました



少なっっっ


あとは精米してから食べてみよー

どうやって炊く・・・??













 ↑ ブログランキングに参加しました
ポチッとお願いします 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物(ハンドメイド)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村

テーマ : 大地のめぐみ
ジャンル : 趣味・実用

・・・蚕・・・

昨日、蚕の成長を見にまた 北海道開拓の村 (こちら) に行ってきました

天気もすこぶる良く、30度を超えていたんじゃないかなあ・・・(おとといほどではないが)

正面玄関      DSC07714.jpg

天気もよく日曜日だったので、結構人がいましたよ
大人 \830 入館料を払い入館!


名前が北海道開拓の村ですから、北海道の開拓時代の村を再現!(ってそのまま~)

色んな古い(私好みの)建物などが建っていて、古い町並みが再現されている訳です


が、その紹介はせず、蚕に行っちゃいましょー 


ずんずん歩いて(私だけ・・・なぜって、娘と旦那さんは馬車で・・・待ってる時間がもったいないので)一番奥の建物
こちら  →    DSC07726.jpg

旧田村家北誠館蚕種製造所(明治38年/浦臼)

この建物の中に蚕を展示しています



いたいた~!!!  DSC07727.jpg

この前(先月の下旬)来たときより 大きい

当たり前だけど~~ 感動~~



むしゃむしゃ食べてる~ DSC07728.jpg

まだ4齢(3回脱皮)なのでモスラー感はないですね
どちらかと言えば、新幹線・・・かな?



桑の葉       DSC07730.jpg

これを毎日、朝から晩までむしゃむしゃ食べるんですね~


蚕のことをお話ししましょう


蚕は、養蚕(飼育されているもの)と、野蚕(野生のもの)といるそうです

蚕の飼育は中国の揚子江沿岸が原産地とされ、古く、約6000年の歴史があると言われているそうです

およそ2500年前、中国から貴重な輸出品としてヨーロッパに運ばれました
いわゆる 『シルクロード」 です

日本には弥生時代の稲作と一緒に伝わったと言われているそうですよ (古い~~)


こんなに長い時間飼育され、品種改良された蚕(養蚕:3000種にも!)は、飛ぶことが出来ません

羽はありますが、飛ぶ意志がないというか、退化(退化も進化?)して、うろうろ歩き回るのみだそうです
幼虫も与えられた餌(桑の葉)の場所から移動することがなく、繭作りの時に自分が気に入った所にわずかに移動するくらい・・・(進化じゃ~~)


もちろん、野生の蚕(野蚕)は、卵からかえって自力でえさ場に行き、繭から羽化した後も自力で飛んでパートナーを捜すそうです
何でも自分でやらないと、人間は守ってくれない!!



見ずらいですが・・・DSC07729.jpg

一番上の小さな毛虫からぐるっと右回りで説明します

卵から孵化(ふか)したのが1齢(3~4日)
私が先月見たのはこれ!!

小さくて(3ミリ位)虫眼鏡で見ましたよ~

色は黒
この時だけで、後は脱皮をするたびに白くなるらしい・・・

その後、1回脱皮をするたびに、2齢、3齢となり、上の写真(昨日見てきたもの)は4齢(約4cm)

今週末位に最後の脱皮をし、一番大きい5齢に 

孵化直後のものと比べて、体重は約1万倍!(約5g)以上に!!
体長は約25倍!(約7.5㎝)!!!

ご覧になりたい方はぜひ行ってみて下さ~い
モスラー感、期待できるぞ!!

私も見たかったな~~ (旦那さんの実家に・・・)

その後、2日かけて繭を作り、その後4~5日でさなぎになり(繭の中で)、10日~15日で羽化するらしい
孵化してから約30日で繭になり、その間食べまくり!!

脱皮と脱皮の間、動かなくなる 眠(みん)という時期があるそうですが(全く動かず、眠っているようだから)食べて、食べて、食べる~~
繭1キロを生産するのに約食べ残しを含めて18~20キロの桑の葉が必要!!
5齢の蚕になると、桑の葉を食べる音がバリバリ・・・丁度雨音のように聞こえるそうです

桑園1000㎡からはおよそ100kgの繭(生糸にすると約19kg)を生産できるそうです

一個の繭からは、1000m~1500mの糸が採れ、着物一枚作るのに約4000個の繭、距離にして4500km(東京ーシンガポール)!!
(野蚕のものはそんなにとれないそうです)


着物は命なんですね



繭から出るとき(羽化)、穴をあけて出てくる訳ではないのだそうです

蚕(幼虫)の時とは口の仕組みが全然違い、歯がなく糸を噛み切ることは出来ないんだって
成虫になると飲まず食わず・・・

口から酵素液を出し、糸と糸の接着を弱め、間を広げて出てくるそうです

交尾の後、一頭(養蚕は家畜なので、一頭、二頭と数える)のメスから約500粒の卵が産まれるそうです
その後、約4~5日で蛾は死んでしまいます・・・

蚕の命は約2ヶ月足らず・・・

人口管理(温度、湿度)をし、一年で3回、4回の絹生産が出来るそうです

繭と卵  →    DSC07731.jpg

メスの繭の方がオスよりも卵の分何mgか重いので、繭のうちに選別し、オス、メス、一対にして卵を産ませるのだそうです

その他の繭は生糸をとります

生糸生産用の蚕は生糸生産用
卵をとる蚕はそれようと決まっているそうです

遺伝的に弱い蚕が出来てしまうためで、卵をとる用の蚕は認可が必要になります

だから生糸用の蚕は一代限り

繭はお湯につけるとふやけて、専用のブラシでこすると一番最初にはいた糸が解けます
一本糸なので(栄養状態などによっては、途中で切れているものもあり)それをたぐって、糸車に巻いて行くんだね~~

映画で見るよね~

繭を作ってから4~5日でさなぎになるので、10日後くらい(繭の中で固いさなぎになるので、ゆでても糸をよござない)にゆでて生糸をとります
この時乾燥させて繭のまま保存も可

そうすることでより人間の都合で生糸生産が可能(なんてったって家畜だから~)

孵化する際に糸を切って出てくる訳ではないけど、どうしても口から吐く酵素で糸を汚してしまうらしいのです

だから生きている間、さなぎになって落ち着いたらゆでて(殺して)しまいます

まあ、家畜だからね~~(なんか切ない・・・)

蚕は絹糸を二種類のタンパク質で作ります
断面は角の丸い三角形

これがプリズムの役目をし、光を反射するのです
しかも、角が丸いプリズムだから、柔らかい光沢になります

やはりキラキラ  は人類共通の魅力だったのでしょう

蚕は桑の葉のみを食べるものだけではないそうですが、桑の葉には豊富にタンパク質が含まれているそうです
絹糸はタンパク質だものね

桑の葉を使った健康食品(人間用)、お茶とかありますよね
美容と健康にいいんだね~

小さい蚕にあげる桑の葉は、細く(幅3mmくらい)切ってあげないといけません(なんてったって家畜だからね)
病気に凄く弱い生き物で、清潔を保たなくてはいけません(なんてったって家畜だからね)

なので、蚕の糞は清潔みたいですよ
だって、育ってるってことは色んな雑菌がいないってこと!

肥料にしたり、人によっては染め物に使うとか・・・きれいな色を出すみたいです
見てみたいな


今回、蚕との出会いがあり、絹のことを知り、やはりこの仕事(着物からのリメイク)をしてよかったと思いました(う~~小学生の感想レベル・・・)

大事にしよう!!着物!!!
みんなでしよう!!着物リメイク!!!

人間の為に改良され利用されてきた蚕・・・

なんか愛おしいです





蚕の不思議・・・

蚕は外気温と同じ体温

外気が25度なら蚕も25度
30度なら蚕も30度

でも人間の体温は何度?
35度~37度あります

だから素手で蚕を触ったら、蚕がやけどをするんだって!!

専用の手袋をして作業するらしいです

なんだか神々しい 



よもぎ団子

ロックミシンの機嫌がななめです。
明日の午後に、ミシン屋さんが来てくれる予定なので、今日はあきらめて幼稚園に通う娘と、よもぎ団子を作りました。

娘の通う幼稚園は、山の中にあり(というより、山が幼稚園)北国のこの季節 春  は山菜の季節。

毎日のように山にお散歩に行き、色々な山菜をお土産に持ってきます。
その中の一つ、よもぎ を使い、幼稚園レシピで作りました。


用意する材料は、よもぎ、白玉粉 150g、絹ごし豆腐 1丁(絹ごしの方が口当たりがよい)です。

作り方
1  よもぎをゆでる
2  よもぎを刻む
3  団子の種を作る → 白玉粉に軽く水切りした豆腐を混ぜる

こんな感じに

DSC07259.jpg

そこに刻んだよもぎを加える

DSC07260.jpg

4  団子にする → 適当な大きさに丸め、真ん中をくぼませる (へそをつくる)

DSC07261.jpg

左っかわの、いい感じのが娘の作品です。

DSC07262.jpg

5  だんごをゆでる
ゆであがったら、団子を水に上げて冷やし、水を切って出来上がり 

DSC07265.jpg

お好みの味付けでどうぞ!

おっと、丸吉商店のコースター がっ  

かわいい~ 




プロフィール

ねこやすみ

Author:ねこやすみ
ようこそねこやすみへ

ここは ”和テイスト” の手作り作家のブログです。
日々の制作活動や、道内の
イベントのお知らせもあります。





ホームページはこちら

各作家の紹介はこちら

ねこやすみネット・ショップはこちら

ねこやすみ 写真館はこちら
ネット・ショップの商品を大きな写真でご紹介しています

お問い合わせはこちら

メールアドレス
nekoyasumi.k@gmail.com





ねこやすみリアル・ショップ2011年11月10日オープン!


住 所
札幌市中央区南4条西27-1-38シャルム円山101

電 話:090-7584-6665
(専用携帯です)


営業時間


11:00~16:30




アクセス
地下鉄東西線円山公園駅6番出口より徒歩5分
詳しくはこちら


電 話:090-7584-6665
(専用携帯です)



ねこやすみネット・ショップ
年中無休ですよ〜






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
FC2 カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク