サマーウールの着物で、襟なし袖なしチュニック vol 3

いやいや〜〜

札幌の皆さん、昨日は暑かったですね〜〜

・・・というか、蒸した〜〜 



気温は31度ちょっとということでしたが、なんせ、蒸した〜〜 



家の中限定のお決まりの「犯罪ルック」・・・半ズボン・・・を履いてしのぎました・・・



ハイ・・・犯罪ですから・・・

決して見られてはいけませぬ・・・



エエ・・・宅急便が来ても出られません・・・

決して出てはいけませぬ・・・


厳しい掟です・・・ 





ということで(どうゆうこっちゃ!)、今日のブログ、いってみよー 





137:20-7

今回制作する2枚目の着物・・・





ちょっとね〜〜・・・     138:7-1

汚れというか・・・





138:7-2

布も焼けていて・・・     

まあ、地が白がからね〜〜 






写真では分かりづらいけど   138:7-3

所々に焼けたための変色があり、大きなもの(お洋服)は出来なさそう・・・

奇麗な所を選んで、小物には出来るけどね〜〜





・・・ということで、この着物からのリメイクはボツ・・・

先日裁断を済ませた、1枚目の着物からのリメイクをがんばりましょう 



まずは子供服のポケット付けから 





138:7-4

前見頃に、ポケット位置を切りじつけをします・・・

柄合わせが必要なので、まずは見頃に印付け


左右見頃を中表で重ね、その上に型紙を置いています





こんな感じに糸を切り・・・  138:7-5





138:7-6

型紙を外すとこんな感じ・・・





1枚目の見頃をそっと     138:7-7
めくりながら、仕付け糸を切ります

芝刈り後の芝のような印が残っているでしょう?





138:7-8

1枚目の長い糸を短くカット・・・

長いままだと引っかかってしまい、とれてしまいますからカットします



・・・私も・・・草刈りだっ!!・・・





こんな感じに・・・      138:7-9





138:7-10

2枚目の裏はこんな感じ・・・





表側の印に合わせてポケットを 138:7-11
置き、柄の位置などを型紙に印ます

                         ↑ これは前見頃です〜〜





138:7-12

で、印に合わせて柄合わせをして裁断です

     ↑ でもって、これはポケット用の布です〜〜





左右ポケットの裁断が終わり、 138:7-13
見頃に乗せてみましたよ 

どこにポケットがあるか分かりますか〜〜?





138:7-14

ポケット口に芯貼りをし、ポケットの下部分・・・丸みを帯びた所を仕付け糸でぐし縫いします


私は不器用なので、こうしないとキレイにカーブがとれないのです・・・

いちいち面倒です・・・ 





さあ、ポケットをつけましたよ 138:7-15

忍法、隠れ蓑!!

柄合わせ成功です 











 ↑ ブログランキングに参加しました
ポチッとお願いします 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村





さあ今日は娘の「自由研究」の助手をしましょう

昨日までのテーマは「手作り石けんを作ってみよう」でしたが、何でも必要な苛性ソーダなるものが劇薬で(ちっとも知らんかった!)、暑い中自転車で何件か薬局を回りましたが、なかなか取り扱っていません・・・

調べてもらってやっと1件見つけたのですが、なんせ「劇薬指定」・・・

ちょっと面倒なので、娘を説得し、昨夜「塩の結晶を作ろう」にテーマを変更 


良かった良かった・・・



・・・って、私がほとんどやるんだよね・・・   




スポンサーサイト

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

そういえば昔、石鹸らしきものを作ったような覚えが・・・・・・・・・
あの時も苛性ソーダつかったのだろうか?

とすれば、あの頃(遥か昔・・・・笑)は劇薬指定ではなかったのだろうか?
それとも他のやり方があったのだろうか?

いずれにせよ僕が作ったわけではなく
父親製作でした(笑)

Re:孝ちゃんのパパ さん

おはようございます

ウフ・・・
何とも曖昧な情報、ありがとうございます〜〜(笑)

もしかしたら昔は大丈夫だったものも、今は「劇薬指定」を受けているものもあるかもしれませんね
苛性ソーダなしで作れる方法もあるかもしれませんし・・・
(ちょっと興味がわいたので、調べてみようかな・・・)


苛性ソーダを購入するには、印鑑が必要とのこと・・・
薬局によっては、身分証明も必要の所もあるとか・・・


薬局の方に「捨て方」(ボトルで購入したって、少ししか使わないし・・・)を訪ねた所、「廃棄処分」扱いになるとかで、札幌市に問い合わせをしました

札幌市では、工場などで大量に使った訳ではないので、有料のゴミ袋で「燃やせないゴミ」の日にで出せるとのこと・・・(ゴミの出し方は、各自治体の指示に従って下さい)

ただし、袋に「キケン」の文字を書いておくこと・・・でした


なんとも物々しい・・・

やっぱり「劇薬」ですから・・・ね・・・


ありがとうございます〜〜 ♪

No title

こんばんは。

僕もちょこっとだけ調べてみました。
昔は灰を使った石鹸があったらしいですね。

それだったのかもしれません。
時間がなかったので詳しいことはわかりません(笑)

Re:孝ちゃんのぱぱ さん

おはようございます

そうみたいですね
灰を使ったものもあるとか・・・

今はそんな話を聞かないということは、昔のやり方は手間がかかったり、時間がかかったりと、生産性が悪いのかもしれないですね・・・

苛性ソーダを使わない作り方を、私も少し調べてみました

市販の無添加石けんを細かく削って(またはおろして)溶かして、好きなもの(牛乳やら蜂蜜、レモン汁など・・・)をまぜまぜして、好きな形に成形し、乾燥・・・とか・・・

石けんの元がアマゾンで売っているらしく、その元を水に溶いて油(オリーブオイルとかパームオイル、廃油でも出来るらしい・・・)をまぜて作る・・・とか・・・


上の作り方だと、小学2年生の実験にしては幼稚だし(粘土感覚)、下の作り方は、市販の「石けんの元」を使うということからして、実験じゃない気がするし・・・


小学校高学年になって、本人の希望があったら、苛性ソーダを使って石けんを作るのもありかなと思いましたね〜〜

まあ、私は気が進みませんが・・・(爆)


ありがとうございました〜〜
プロフィール

ねこやすみ

Author:ねこやすみ
ようこそねこやすみへ

ここは ”和テイスト” の手作り作家のブログです。
日々の制作活動や、道内の
イベントのお知らせもあります。





ホームページはこちら

各作家の紹介はこちら

ねこやすみネット・ショップはこちら

ねこやすみ 写真館はこちら
ネット・ショップの商品を大きな写真でご紹介しています

お問い合わせはこちら

メールアドレス
nekoyasumi.k@gmail.com





ねこやすみリアル・ショップ2011年11月10日オープン!


住 所
札幌市中央区南4条西27-1-38シャルム円山101

電 話:090-7584-6665
(専用携帯です)


営業時間


11:00~16:30




アクセス
地下鉄東西線円山公園駅6番出口より徒歩5分
詳しくはこちら


電 話:090-7584-6665
(専用携帯です)



ねこやすみネット・ショップ
年中無休ですよ〜











最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
FC2 カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク